予約はこちらからも受付できます

●EPARKさんから午後の空いている時間帯のみ指定してネット予約ができます。こちらから。

休診日のお知らせ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<通常の休診など↓>

●10月合併症学会に出席予定です。休診がある場合はこちらでお知らせ致します。

11月8日~11月11日は新クリニック引っ越しの為休診になります。

●今月の休診はカレンダー通りです。

(赤が休診日)2017.9月現在

●水・土は午前中診療です。(通常の休診日を参照)

●第四土曜日・日曜は休診です。

 

更新情報

●休診日のお知らせについて更新しました。

「スタッフ募集について」更新しました。(2017年更新)

 ●ブログの更新をしました

当院からのお知らせ

 ●栄養指導は完全予約制です。詳しくはこちら。→曜日はこちら。

 

●当院では10月1日からインフルエンザ予防接種を開始しております。

インフルエンザ予防接種は予約制ではありませんが、ご来院の前にお電話いただけると確実です。

 

●スタッフを募集しております。詳細はこちらをご覧下さい。(2017年新着)

*CDEJ・糖尿病認定看護師・臨床検査技師急募*

 

 

診察時間を必ずご確認の上、お越しください。糖尿病外来・心療内科については曜日により診察時間が異なります。

 (夏季、年末年始は通常と休診日が異なりますので、特にご注意下さい。)

新クリニックのお知らせについて

2017年11月完成予定です

*医療法人社団 浩祐会 栗山医院 新クリニックが2017年11月完成予定です。

患者様、近隣の住民の皆様、関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い致します。

詳しくは随時更新予定です→こちら

 

駐車場に関してはこちら。

 

●(予定)建物完成に伴う引っ越しのお知らせ。11/8~11/11は休診予定です。

最新の記事

糖尿病について① 

当院では疾病について、正しい知識のもと患者さんとスタッフで協力して治療をしていきたいと思っております。


病気に関した記事も今後増やしていきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

さて、糖尿病についてです。

糖尿病とは簡単にいいますと、

①血糖の数値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病気。

②その症状は様々で、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、血糖値ヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合で上記症状がみられる場合に糖尿病という診断を疑うことができるものである。

(症状だけでは判別できないということ。要検査)

③糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースが体中の微小血管を徐々に破壊していく。

それにより、

目、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な障害(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)を及ぼす可能性があり、糖尿病治療の主な目的はそれら合併症を防ぐことにある


となります。

その糖尿病には種類があります。


●糖尿病の種類●
1型糖尿病
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。

2型糖尿病
インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプ。

遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの
遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。

妊娠糖尿病
妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。


糖尿病に限りませんが、患者さん一人一人に症状や治療のペースも違いますし、長く治療にかかるものが多く病院選びも肝心になるものです。

当院は糖尿病専門外来があり、足立区内では数少ない「糖尿病専門医が常在する」病院です。

患者さんの生活リズムに合わせてご来院いただくことができるかと思います。

専門外来に診察に来ていただいたときにそのほかの科もまとめて相談することができますのでご相談ください。

出典)

厚生労働省ホームページ (http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/about.html)